「JPELC国際会議2022」を2022年9月21日に東京大手町で開催します

JPELCの活動に対して、日頃よりご支援とご指導を賜り厚く御礼申し上げます。

特に、本年は、「Clarity国際会議2022」の東京開催に向けて、皆様のお力添えを賜りましたことに改めて厚く御礼申し上げます。しかしながら、大変残念なことですが、米国のClarity本部が、コロナによる行動制限や欧州情勢を発端とした航空運賃の高騰など現下の情勢から、同会議の開催見送りを決定したことをご報告いたします。同会議に関して、東京都、経済産業省、外務省、法務省からの後援のご表明をはじめ、これまで多くの皆様方から頂戴したご支援とお手間を無にしてしまったことに心よりお詫び申し上げます。

同会議は流会となりましたが、政治、経済、労働、金融、司法、文化など社会活動のすべての局面において、誤解を招かない明確かつ責任あるコミュニケーションを定着させるために、日本においてプレインランゲージを普及させたいというJPELCの思いに変わりありません。

そこで、JPELCは、流会となった同会議のテーマ「明快、公正なコミュニケーション、相互理解と協調。持続可能な社会へ」を引き継ぎ、規模は縮小しますが同会議に代えて『JPELC国際会議2022』を開催することにいたしました。Clarity本部はJPELCのそうした決断に賛同し、「Clarityのキースピーカーはオンライン等で講演協力を惜しまない」と申し出てくれています。

『JPELC国際会議2022』では、『法律』、『医療』、『国際ビジネス』、『テクノロジー』の各分野の第一線でご活躍されるプレゼンターをお招きし、各分野で求められるプレインランゲージを使った誤解を招かない明確かつ責任あるコミュニケーションについてのご講演をいただきます。さらに、2019年に国際標準化機構(ISO)が採択したプレインランゲージの規格化について、発案議長からの進捗の報告と国内委員長との意見交換の場も設けております。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

Clarity日本共同代表、JPELC 代表
(株)エイアンドピープル 代表取締役社長
浅井満知子