プレイン・ランゲージの認証を開始いたしました

プレイン・ランゲージ・マネジメントシステム認証を2020年8月より開始いたしました。本認証は、組織がプレイン・ランゲージ(平易な言語)に価値を認め、その使用を組織的に推進していることを審査し認証する仕組みです。

日本人の文書には「丁寧すぎる、婉曲・冗長、結論が見つけ難い」などの特徴があると言われ、グローバル化や情報化が進む中で、読み手に「読んでもらえない」、「誤解される」など業務の成果を左右しかねない問題が生じる可能性があります。文書の「わかりやすさ」を個人の力量に依存することにはリスクがあることから、組織においては、これを管理する(マネジメント)仕組み(システム)を設ける必要性が増しています。本認証は、このマネジメントシステムの設置を後押しするとともに、設置されたマネジメントシステムが適切に機能していることを審査し認定します。

■組織にとっての本認証取得のメリット
本認証の取得により、組織が作成する文書が、以下のような読み手にとって読みやすい文書に変わっていくことが期待されます。

① 相手が迅速に読める、または読みたくなる文書
② 相手が文書のポイントを素早く見つけることができる文書
③ 相手が文書のポイントを正しく理解できる文書

■審査の内容
「組織トップのコミットメント」「マネジメント組織の編成」「教育など諸行動の実施状況」などの要求項目について審査を行います。文書をよりわかりやすいものにするための継続的な改善活動、すなわちPDCAサイクルが定着していることが認定のポイントとなります。